ガス・石油・電気。給湯器の比較

片山です。

最近の給湯は「従来の給湯システム」の他に、発電の際にお湯(熱)を作り出す燃料電池「エネファーム」、お湯と電気を同時に作り出すコージェネレーションシステム「エコウィル」などがあり用途、ニーズに合わせ多様化しております。
上記製品はまだ一般用としてのシェアはまだまだ低いですが今後これらの製品が主力になって行くかと思います。
 さて、冒頭に挙げました「従来の給湯システム」とは何か?
 時代の流れにより呼び方が異なっていたりします。それぞれの特徴や違いをちょこっとお話しさせて頂きます。

 

まずは「ふろがま」です。BF釜(バランス釜)CF釜、DP釜と種類は有ります。
基本的には「ふろかま」なので文字通り浴槽に入れた水を循環させてお湯を沸かすためのものです。
商品によりシャワーが付いたものがあります。

 

 

次に「ボイラー」です。
「灯油ボイラー」「石油ボイラー」「重油ボイラー」など、石油給湯機を昔からご利用の方に多く言われることが多いようです。

 

 

また「ガス」「灯油」を燃料にお湯(シャワー等)へ替える給湯器と呼ばれる物があります。
①給湯専用タイプ 
②おいだき付給湯器タイプ(オート、フルオート、スタンダード)
さらに設置場所にもいろいろなタイプがあります。
屋外設置タイプ:RF式、屋外に燃焼排気を排出「壁掛設置」「据置設置」
屋内設置タイプ:FF式、FE式他、屋内の燃焼排気を安全に屋外へ排出
ガス、灯油は燃焼をさせるので、設置場所、排気の処理などが決められております。

 

 

そして「電気温水器」。比較的安価な深夜電力を利用してヒーターで時間をかけてお湯を作り貯めておくものです。
一般的に給湯専用タイプが多いです。

 

近頃業界では熱効率を高めて省エネルギーな「エコ給湯器」の普及が推進されていますが、ガス・石油・電気、エネルギー別に呼び名が異なります。

 

エネルギー別 エコ給湯器

ガス
エコジョーズ

石油(灯油)
エコフィール

電気
エコキュート

共通ロゴなし

 

ガス=エコキュート
石油=エコフィール
電気=エコキュート

それぞれの特徴を比較してみました。

 

イニシャルコスト(本体価格+交換工事費)

●ガス(エコジョーズ):
●石油(エコフィール):
●電気(エコキュート):

給湯器のプロ「ガスとみずのカタヤマ」では、すべてのタイプを取り扱っております。実際に販売している価格でも比較いただけます。

7年保証 エコキュート交換おすすめ品 給湯器 エコジョーズ 暖房+追い焚き付 オート(シンプル) 給湯能力24号 壁掛設置

追焚付ふろ給湯・暖房熱源機|エコジョーズ|壁掛24号オート|本体価格174,600円

エコキュートからのお取り換えにおすすめの給湯器です! エコジョーズ 壁掛設置型 追焚付ふろ給湯・暖房熱源機 24号 オート RVD-E2405SAW2-1(A) 現金払い特別価格 本体55%OFF!標準工事費込 247,160円(消費税別) 給湯器本体:388,000円が174,600円 +マルチリモコン MBC-155V:18,000円 +標準取付工事費:54,560円 (据置台と配管カバーROP-P201(K)を含む) エコキュートからお取り替えの場合は上記標準取付工事費価格のプラス18,000円(税 ...

ReadMore

石油給湯器

石油給湯器|エコフィール|直圧フルオート|本体45%引の213,950円

エコフィール 直圧式 追焚付ふろ給湯器(フルオート) 給湯能力:46.5kW(40,000kcal ⁄ h) OTQ-C4705AY BL 現金払い特別価格 本体45%OFF!標準工事費込 277,750円(消費税別) 給湯器本体:389,000円が213,950円 +マルチリモコン RC-J101Eマルチセット:33,000円が19,800円 +標準取付工事費:44,000円 標準でセットされるリモコンのご案内 クレジットカードやリースもご利用いただけます。価格についてはお気軽にお問い合わせください。

ReadMore

エコキュート

パナソニック|エコキュート|460L|HE-NS46JQS|本体価格250,000円

ヒートポンプ給湯器 エコキュート スタンダード フルオート NSシリーズ 460L HE-NS46JQS 現金払い特別価格 本体大特価!標準工事費込 400,000円(消費税別) 給湯器本体:250,000円 +リモコン HE-TQFJW +脚部カバー +標準交換工事費:150,000円 標準でセットされるリモコンのご案内 台所と浴室間で会話ができる。 運転状況、操作方法を音声と文字でお知らせするガイダンス機能付き。 浴室用・台所用セット HE-TQFJW メーカー価格:オープンプライス 本体リモコン付き ...

ReadMore

ポイント

交換時の費用は、ガス給湯器が費用を抑えられます。
さらに費用を抑えたい場合は、エコジョーズではない従来型のガス給湯器がおすすめです。

 

ランニングコスト(給湯光熱費)

●ガス(エコジョーズ):
●石油(エコフィール):
●電気(エコキュート):

給湯にかかる毎月の光熱費は、オール電化住宅、深夜電力でしたらエコキュートがお得です。
しかし、日中の電気代が通常電気代より大幅に上がる事も認識が必要です。

ポイント

イニシャルコストとの差額をふまえて比較すると、その差額分を次回の交換時までに元が取れるかは難しい場合もあります。
交換時にかかる費用(修理代金)、毎月の光熱費トータルコスト、交換までの期間、エコキュートからガス給湯器に交換は?との問合せも増えてきております。

 

メンテナンス

●ガス(エコジョーズ):ほぼメンテナンスフリー
●石油(エコフィール):燃料タンクの定期的な水抜きが必要(毎月が望ましい)
●電気(エコキュート):貯湯タンクの湯垢や沈殿物を定期的に押し流すことが望ましい(年2〜3回)
※長期使用製品安全点検制度 10年間対象機器使用でお客様がメーカー点検を受ける制度(有料 約10,000円位~ 1時間)
 製品により対象が違います「法定点検」消費生活用製品安全法(消安法) / 「あんしん点検」自主点検

機器の種類に関わらず、浴槽循環アダプターのフィルター清掃などについてはメンテナンスをおすすめします。

ポイント

エコジョーズやエコフィールのように、お湯を貯めないタイプの給湯器は、新鮮な水をそのままお湯に変えて利用するので衛生面でも有利です。

当社はガス屋ですので、当然ガス給湯器をおすすめしますが(笑)、お客様のお住まいの状況にあわせて最適な給湯器をお選びいただければと思います。エネルギーが異なっていても、交換の際は「給湯・水廻り設備のプロ」ガスとみずのカタヤマをご用命くださいませ。

 

Copyright© 宇都宮市の給湯器・ガスコンロ専門店|カタヤマオンライン , 2020 All Rights Reserved.