給湯器

給湯器を選ぶ

給湯器は、いろいろな種類があって何を選んだらわからないですね。
選ぶときの5つのポイント「給湯方式」「取付設置」「能力」「性能」「省エネ性」があります。家族構成やライフスタイルにあわせてお選び下さい。
もちろん訪問し相談させて頂き、お客様にとって最適な給湯器選びをお手伝いさせて頂きます。
エコキュートからのお取替えも最近増えており、お湯切れの心配も無くこちらも相談も大歓迎です。

〇おすすめNo1 エコジョーズとは?(省エネ給湯器)

「エコジョーズ」とは、少ないガス量で効率よくお湯を沸かし、従来式の給湯器と比べ省エネ性の高い給湯器です。
今まで捨てられていた排気熱を再利用することで、従来では約80%程度だった給湯熱効率が95%に向上しました!
(給湯器の排気熱:約200℃→約50℃と150℃排気熱を再利用。※年間約18,100円のガス代節約)
今までと同じ使用方法で無理なく、ガスの使用量が13%削減、待機時消費電力も1/5に。
環境にも良くCO₂排出量が従来型より約13%削減されます。
※メーカーカタログ参考

給湯方式から選ぶ

給湯方式は「おいだき機能」が付いているか付いていないかで、大きく2つのタイプに分かれます。その中には、浴槽専用の風呂釜タイプや、暖房機器につながる熱源タイプの給湯器も含まれます。
キッチン、洗面所、風呂などへ給湯ができ、お風呂のおいだきができるものです。浴槽から水を循環させておいだきができます。
お湯を作る機能のみの専用タイプです。キッチン、 洗面所、風呂などへ給湯することができますが、おいだきはできません。

取付・設置場所から選ぶ

大きく分けて据え置き設置か壁掛け設置の2種類のタイプに分けることができます。壁掛けタイプや設置フリータイプは、床スペースを取らず、住宅のデザインに合わせた場所に設置できるので人気があります。なお「風呂釜」タイプの製品は浴室内か浴室付近に設置が一般的です。その他、特殊な設置の給湯器もございます。詳しくはお問い合わせください。
給湯器を壁に掛けるタイプで、住宅用の他、マンションなどの集合住宅や屋内設置型などがあります。
屋外のコンクリート基礎台の上に設置するタイプです。

給湯器の能力(号数)から選ぶ

ガス給湯器の能力は号数で表示されています。号数が大きいほど一度に大量のお湯を使う事が出来ます。ご家族の人数やお湯の使い方などから、快適に利用できる能力で選びましょう。
3人~暮らし向け
2ヶ所同時使用:◯
冬場でも余裕のパワーでシャワーと給湯が同時使用できます。
2人~3人暮らし向け
2ヶ所同時使用:△
洗面所とキッチンなど、おもに2ヶ所に給湯できます。
1人暮らし向け
2ヶ所同時使用:X
おもに1ヶ所(スポット)給湯に最適。

給湯器の性能から選ぶ

おいだきが付いている給湯器のお湯張り機能には、フルオートとオートがあります。フルオートとオートの違いは、自動たし湯や配管洗浄機能の有無と保温の仕方が異なります。


お湯はりから、おいだき、保温、たし湯まで、すべておまかせ全自動。
お湯はりから、おいだき、保温までは自動。

省エネ性能から選ぶ

ガスと電気の良い部分を取り出して併用した給湯器。
少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネ性の高い給湯器。
通常タイプの給湯器。旧タイプよりも熱効率アップ!