給湯器凍結について

 冬場の給湯器凍結、配管凍結について

〇給湯器の凍結を防ぐ

「給湯器のコンセントは絶対に抜かない」

給湯器は対外屋外に設置してあるケースが多く、風にもあたっております。給湯器自体は凍結による損傷を防ぐためにヒーターを装着しており、リモコンの電源を入れてなくても自動的にヒーターが入るので凍結を防ぎます(対象外の機種もまれに有る)

〇おいだき配管の凍結の損傷を防ぐ

「浴槽のお湯を循環金具より上部まで残す」

外機温度が3℃~5℃に下ってくると、おいだきポンプは水を循環させる為に動きます。配管内部の水に動きを与える事により凍結を防ぎます。

基本的においだきポンプが循環する場合は燃焼しない機種が大半です。

〇給湯、給水配管の凍結

屋外の露出している配管の多くは凍結致します。凍結防止の為に「配管用ヒーター」が有効であり、更に壁掛け式で有れば見栄えも良く、直接の冷風にも効果がある「配管カバー」をオススメしております。